うつ病の症状改善を目指す治療【原因を医師と一緒に探ろう】

青空と女性

頑張り屋に多い

年配の医者

うつ病の原因はひとつではありません。環境の変化や人間関係、更年期などがきっかけとなり、心身共にバランスを崩し様々な症状を引き起こします。また性格的なものや考え方の偏りなどの要因になることがあり、なるべく早く専門医を受診し適切な治療を行なうことが大切です。頑張って来たからこそ病と前向きに捉えましょう。

詳細を確認する

こころの病

落ち込んでいる男性

早期発見が軽症ですむ

仕事からくるうつ病の原因は当初本人は気がつかないことが多々あります。現在の部署においては人間関係にも問題は無く自分では順調に仕事を行えていると考えていることでしょう。しかしながら転勤などで環境に変化が起きた場合様々なことが起きてきます。転勤した部署において管理職的な仕事をまかされることもあります。まわりの社員は全て以前の部署の人間とは違うわけですから、部下や上司の関係を新たに構築する必要も出てきます。このことで、本来の仕事を行う以前に心が少しずつ蝕まれることはなかなか本人には分かりません。実際にはうつ病が進行しているわけです。隠れた状態ですから原因を見つける所まで行きません。やっとその部署で人間関係を構築し、その人たちと仕事を存分に行ううちにうつ病は消えずに進行します。うつ病の場合一回心のなかに火種が宿ると消えてくれないことにあります。この状態のうちに例えばカウンセリングをうけて原因を発見することができたならば早期発見により的確な善後策が打てるわけです。しかしながら実際は仕事に追われ本人もうつ病であることに気が付いていませんから、カウンセリングを受ける発想は存在しないでしょう。しかし、時間と共にうつ病は進行します。

病院での対応

進行しつつあるうつ病はもはや自分の身体の中から症状として現れる寸前のところまでいくわけです。少しずつ本人は自分が本来の自分と違うことに気が付きます。一番ベターなのはここで心療内科の門をたたくことです。しかし実際にはなかなか本人は様々な事柄に追われその行動を取りません。ここで、そのままにしておくと、うつ病は心の中から暴れだします。例えば、言葉をしゃべりにくくなる、食欲がおちて特に会社にいる時の昼食が摂れなくなる。そして今までやったことの無いような行動をはじめることになる訳です。つまりドメスティックバイオレンスです。これはうつ病の典型です。今まで温厚な人間が突然大きな声を出したり、暴力を振るったりするようになります。そしてそこから病が進行すると不安症になり、正確に歩くことが出来なくなります。もはや、ここまでくると会社に通勤して仕事をすることは不可能になります。この状態まで仮に専門医にかからずほっておいた場合は、心療内科ではすまないことが考えられます。既にかなり重い症状の段階まで来てしまったということです。家庭の中では既に原因は分かっているはずですから場合によっては精神科に診てもらう必要があります。

病気の特徴

看護師

うつ病の原因は多くの場合様々なストレスにあります。このようなストレスは、肉体的な問題からも発生するのが特徴です。今後は個人が生活の中で、その都度精神的なコントロールを行なっていくことが求められると予想されます。

詳細を確認する

把握しておきた鬱病

ジャンプする男性

うつ病の原因は主にストレスであり、その対策として、様々なタイプのストレスを敏感に察知してそれを溜めないようにすることが大切です。症状が辛い場合は、薬物治療が必要な場合もありますが、安易に薬を飲むことは止めましょう。離脱症状と副作用があるからです。なによりも、うつ病は自分で治せる病気だからです。

詳細を確認する

身体の歪みから来る鬱病

カウンセリング

うつ病の原因は人それぞれありますが、構造的ストレスによってもうつ病を発症することがあります。また一度うつ状態に陥ると、冷静な判断ができなくなるため、未然に緊急時の行動マニュアルを作成しておくことも大切です。

詳細を確認する