うつ病の症状改善を目指す治療【原因を医師と一緒に探ろう】

外にいる女性

病気の特徴

看護師

ストレスが関係しています

うつ病の原因として特に多いのが、様々なストレスです。複数のストレスが複合的に絡み合った場合には、特にうつ病を発症しやすいと言われています。精神的な問題のみならず、肉体的な問題でもこのようなストレスは発生するのが常です。病気や怪我による痛みや不快感、寒暖の差などは心にも大きな影響を与える要素となります。特に女性の場合には、ホルモンバランスの乱れが原因となってうつ病を発症することがあるのが厄介な点です。生理の時期や更年期には、この手のホルモンバランスの乱れに起因するうつ病の発症が多く見られるようになります。精神的な面では、環境の変化が大きな原因です。転居や転勤、就職といった新生活がスタートする時期にはうつ病の発症が概して多くなります。一見喜ばしい出来事である昇進や出産といった出来事の際にも、精神的なプレッシャーからうつ病になってしまうケースがあるのがこの病気の難しい所です。環境が変わる時には、少なからず精神的な負荷が大きくなります。従って、心が疲弊し現実的な生活についていけなくなってしまうことが発症の誘因です。従って、環境の変化の多い春先や秋口には特に身体的な症状の現れに気を配ることが必要となります。

ストレス調整が必要です

うつ病の原因となるストレスは、時によってコントロールすることが可能です。最近の心療内科や精神科では、このようなストレスコントロールの方法を広く紹介しています。うつ病を発症する何らかの素因を持っている場合でも、適切なコントロールをすることで病気への移行を防げる場合があるのが最近の精神医療です。抗うつ剤や様々な心理的療法を通じて、抱えている問題にアプローチしていくことが出来ます。うつ病についての情報は、昨今広く紹介されるようになっているため、危険サインを早めにチェックすることも可能です。今後は、日頃の生活の中で個人がストレスをコントロールしていくことが求められていくと考えられます。近頃では普段の食生活がうつ病に関係していることが指摘されるようになっているため、食事内容を見直すことも有効です。又、適度な運動をすることで、幸せ感を感じやすいホルモンが分泌されます。こういった現象を利用した生活面でのアドバイスも役立つものの一つです。うつ病に関しては、新しい研究結果が次々と発表されており、以後も新たな対策が登場してくると予想されます。一人一人が心の状態をメンテナンスしていくことが、これからの課題です。