うつ病の症状改善を目指す治療【原因を医師と一緒に探ろう】

外にいる女性

頑張り屋に多い

年配の医者

心身の状態と向き合おう

日本人の15人に1人が経験すると言われているうつ病は、ストレスの多い現代社会では珍しい病気ではなくなってきました。その症状は症状も人によって様々なため、日頃感じる頭痛やけん怠感、慢性的なめまいが実はうつ病によるものだった、なんてことも多くなっているのです。また、上記の他にも生理不順や便通の不調に加え、精神的なものだと訳もない苛立ちやマイナス思考の増加などが鬱病の症状の1つとなっています。これらの状態が複数当てはまる方は、自身のうつ病を疑ってみてもよいでしょう。特に、責任感の強い方や物事に真面目な方はうつ病を発症しやすいです。自分の性格や最近の悩みなどから、まず自己診断をしてみましょう。また、上記の症状を見ても分かる通り、これらの要因は重なりやすいです。うつ病を発症する原因はひとつではなく、幾つかの要因が重なっているケースが殆どで、その治療も多角的に行なっていく必要があります。しかし身体的な不調は、時に重大な病気が隠れている場合があります。症状が当てはまるからと言ってうつ病だと自己判断せず、必ず専門医に診てもらうことが大切です。そういった不安をひとつひとつ取り除いていくことも、うつ病を治す第一歩になるのだと考えましょう。その後、医師の指示の下でそれぞれの症状に合った治療を行なうようになります。

固定観念を捨ててみる

うつ病を治すためには、その原因を取り除いていくことが必要です。一番大切なのは心と身体をしっかり休ませてあげることです。真面目で責任感が強い人ほど休むことに消極的ですが、ここでちゃんと休むことが長引かせないコツだと思いましょう。中途半端にすることは、症状を重くしてしまいます。早く復帰したければ尚更のこと、思い切って何もしない、何も考えない時間を持つようにしましょう。うつ病は再発しやすい病気なので、勝手に治療や服薬をやめてはいけません。辛い症状を繰り返さないためにも、焦らず気長に付き合う心構えが必要です。そして今の自分の状態と向き合い、うつ病になった原因を見つめ直してみることも大切です。自分のキャパシティーを超えた我慢やストレスを溜めていなかったか、どんなことが辛く苦痛なのかを誰かに話してみるのもいいでしょう。それが自分を変えるきっかけになるかも知れません。「こうでなきゃいけない」という固定観念を捨てると、思っている以上に楽になれます。ほんの少し考え方を変えるだけで、それまで自分を縛っていたものから解放されたような気がします。うつ病の原因は様々ですが、自分の好きなこと、趣味やスポーツ、旅行などで気分転換することも効果があります。うつ病になったからといって自分を否定するのではなく、「頑張って来たからこその病」だとポジティブに受け止め、これからのことを明るく考えるようにしましょう。