うつ病の症状改善を目指す治療【原因を医師と一緒に探ろう】

外にいる女性

把握しておきた鬱病

ジャンプする男性

鬱病の内容

現代人は多くのストレスを抱えていると言われてます。基本的に人間には大きくわけて4つのストレスがあると言います。気温、湿度、騒音、景観などの環境ストレス、病気や体調不良などの生物的ストレス、たばこ、添加物、薬物など化学的ストレス、孤独や不安感、恐れ、対人関係の悩みなどの精神的ストレス、以上の4つです。これらが複雑に絡み合うことで、ストレスの総量となるのですが、注意しなければならないことがあります。それは、小さなストレスが溜まることでも、ストレスの総量が大きくなるということです。例えば、対人関係の悩みなどは、ストレスの中では最も大きな部類に属することでしょう。しかし、それよりも気温や湿度に加え、化学的ストレスが必要以上に増えてしまえば、対人関係の悩みを超えるようなストレスになります。特に大きな原因が見当たらないのにうつ病になる人がいますが、そういう人は小さなストレスが積み重なっている可能性があります。対処法としては、小さなストレスを甘く見ずに、一つずつ解消していくことです。部屋の温度を一度を上げたり、タバコをやめて、部屋の掃除をするだけでも、だいぶストレスの度合いは下がるのです。

鬱病の対策

うつ病の対策については、ストレスを溜めないようにすることが最も大切です。前述のように、ストレスには種類があります。小さなことを見逃さず、小まめにストレス解消するよう心がけましょう。また、日ごろから運動をしたり、食生活を改善したりすることも大切です。症状が辛く、動けなくなりそうな時は、迷わず精神科もしくは心療内科に行きましょう。薬物治療によって、症状が緩和される場合があります。ただし、安易に薬物に頼ることは止めましょう。離脱症状と副作用があるからです。それによって、うつ病の症状を深めていくケースもあるので、注意が必要です。またうつ病の原因としては、自尊心の低下が上げられるといいます。精神的ストレスを抱えるような失敗を契機に、自分に自信がなくなってしまうと、うつ病を発症する可能性があります。その逆に、自分に自信がある人はうつ病にならないと言います。その点で、自分で自信を取り戻すために努力をするというのも、うつ病の治療法として成立する場合もあることでしょう。まとめると、うつ病の原因は主にストレスであり、対策としては、様々なタイプのストレスを敏感に察知して、それを溜めないようにすることが大切ということです。